《インフラエンジニア》◆医療ビッグデータを扱う当社のインフラエンジニア募集 / 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン

株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン

あなたの経験を「医療ビッグデータ」ビジネスに活かしませんか?

医療現場の経営を支援するコンサルティングを行っている当社。
今までに700以上もの病院に対してコンサルティング実績があり、膨大なデータからノウハウを培い、質の高いサービスを提供しています。

仕事内容

自社サービスを含む社内インフラ全てが対象範囲となりますが、スキルに応じて少しずつ業務範囲を広げていってもらえればと思います。横断的に幅広い業務に携わることができるので、 スキルと適性を考慮し、キャリアパスを一緒に考えていきましょう。

【具体的には】
■工程:要件定義/設計/構築/テスト/運用・保守・監視(一部企画から)
■環境:Win/Linux/MySQL/BI/DWH/Iaas

手がける商品・サービス
◇次世代型病院経営支援システム「病院ダッシュボード」
◇DPCデータ分析システム「EVE」
◇出来高算定病院向け経営支援ツール「JHAstis」
◇HP・メディウォッチなど自社メディア
◇DPC制度検索ツール「ぽんすけ」
◇コンサル分析環境

開発環境・業務範囲など
≪具体的な業務≫
【インフラ業務】
■サーバ設計・構築・運用(Linux、Windows)
■Webサーバ、メールサーバ、データベースサーバ、DNSサーバ、ファイルサーバなどの構築・運用
■ネットワーク設計・構築・運用(L2/L3、ロードバランサー、セキュリティ関連など)
■ストレージ/バックアップ設計・構築・運用
■各種監視・障害解析
■シェルスクリプト作成
■データ分析環境(BI/DWH)の設計・構築・運用
■仮想化・クラウド上での設計・構築(Iaas/Paas)
■外部ベンダー折衝・調整
■PM/PL業務

【仕事のやりがい】
マスコミ上でも、超高齢化社会を迎え医療業界全体の環境改善が喫緊の課題だと日々報じられています。
そんな人びとの生活と大きく関わる社会問題の改善に、臨場感を持って取り組むことができるのが当社のエンジニアの仕事の醍醐味。
システムの開発・運用・保守業務は、自分の提供するソリューションの一つひとつが、日本の医療現場の改善に繋がっているとビビッドに感じることができとてもやりがいがあります。
また、新しいサービスの開発にも力を入れているので、積極的にアイデアを提案して是非中心メンバーとして活躍してください。

応募条件

▼求める条件
  • 社内システム
  • システム開発
  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • システム構築
■何らかのインフラエンジニア経験がある方
■サーバー、ネットワーク、データベースなど得意分野から始め、徐々に業務範囲を広げて行ってもらえればと思います。
■社内SEからインフラエンジニアへのキャリアアップも大歓迎
▼歓迎条件
■腰を据えて働きたいという方
■企画~設計~運用まで、自社サービスを扱ったことがある方
■裁量を持って働きたいという方
■自分で提案・実践するのが好きな方
■コミュニケーション能力がある方
■ITコストマネジメント経験のある方
■プロジェクトマネジメント経験のある方
■クラウドサービスを利用した経験のある方
■Sier/ITコンサルから事業会社へのキャリアチェンジ志向の方

【活かせる経験・スキル】
◆業種を問わず情報システム部門での業務経験
◆サーバ構築の経験
◆ネットワークの構築経験
◆シェルコマンドの知識・使用経験
◆PC、サーバシステムのトラブルシューティングの経験
◆ベンチャー企業や事業会社での社内SE業務経験

歓迎する経験・スキル
※自らをマネジメントし、タスクの優先順位やスケジューリングを決定できる方歓迎です。
▼求める人物像
人とのコミュニケーションが好きな方 からのご応募をお待ちしております。

募集要項

待遇・福利厚生

■給与改定/年1回(10月)
■決算賞与/年1回(10月※会社の業績や個人の実績により支給を決定します)
■交通費支給(上限あり)
■各種社会保険完備(健康・雇用・労災・厚生年金)
■私服勤務可(外部のお客さまとお会いする時はビジネス用の服装でお願いします)
■外部研修参加費、専門書・技術書の購入費等は会社負担

【スキルアップ体制】
社外セミナーへの参加、専門書による独学など、全員が自主的にスキルアップに努めています。もちろん、外部セミナー参加費や書籍代は会社が負担します。自らに不足する技術・知識は積極的に高め、会社がそのスキルアップを全面的に支援します。

【国内研修旅行】
社員同士のコミュニケーションをはかる目的で、年1回研修旅行をおこなっています。過去には石垣島や八ヶ岳の星野リゾート、某有名テーマパークなどに宿泊したりして親睦を図っています。

就業時間

09:00 ~ 18:00

募集職種
募集背景

団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題など、これからの病院経営はその改善と効率化が国を挙げての大きな社会的課題になっています。こうした課題を解決する為、医療ビッグデータを扱う当社提供のサービスへのニーズは高まり続けています。今回は、当社サービス拡大・体制強化のため、インフラエンジニアを募集することにいたしました。

採用予定人数

若干名

給与

年収450~650万円

※経験等を考慮の上、当社規定により決定します。
※月々を12分割での支給になります。
※固定残業代含む。
※詳細は面接時にお知らせいたします。
・給与改定:年1回(10月)
・決算賞与:年1回(9月/会社の業績や個人の実績により支給を決定します)
・試用期間:3か月

休日休暇

■完全週休2日制(土・日)、祝日
※業務都合により出社の場合もあります。
■夏季休暇
■年末年始休暇(暦どおり)
■GW休暇(暦どおり)
■年次有給休暇
■慶弔休暇
<年間休日120日以上>

勤務地

本社 東京都 新宿区新宿6-27-30  新宿イーストサイドスクエア5階
【最寄駅】
東京メトロ副都心線、都営大江戸線「東新宿」駅 A3出口直結
東京メトロ丸の内線・副都心線、都営新宿線「新宿三丁目駅」駅 E1出口より徒歩6分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 書類選考】
履歴書、職務経歴書、志望動機書をご提出いただきます
【STEP 3 1次面接】
情報マネジメント部リーダーがお会い致します
【STEP 4 筆記試験】
Web上での適性検査を行います
【STEP 5 最終面接】
社長(又は人事責任者)がお会い致します
  • 適性検査と面接の日程は順序が入れ替わることもございます

企業概要

Leap to the Future 私たちは医療機関が地域の「未来(あした)」をまもるためカイゼンを超えた「Leap(=飛躍)」を支援します。

わたしたちは、急性期病院の「医療の価値」を向上させる4つの事業を展開しています。
1.医療ビッグデータを駆使し、医療の現場を熟知したコンサルタントによる実行支援型のコンサルティング
2.コンサルティングノウハウを凝縮させた経営分析システム
3.医療政策と病院経営に特化したメディア・セミナー
4.国内外の最新情報に基づく学術研究
実証性、専門性、先見性に基づく4つの主力事業で、急性期病院の「医療の価値」を向上させます。

会社名 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン
設立 2004年 3月
代表者 代表取締役社長 渡辺幸子
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
特徴
  • ベンチャー企業
  • 女性が活躍
事業内容

1.医療ビッグデータを駆使し、医療の現場を熟知したコンサルタントによる実行支援型のコンサルティング
2.コンサルティングノウハウを凝縮させた経営分析システム
3.医療政策と病院経営に特化したメディア・セミナー
4.国内外の最新情報に基づく学術研究

本社所在地 〒160-0022
東京都 新宿区新宿6-27-30  新宿イーストサイドスクエア5階
沿革
1995年 アキよしかわが米国グローバルヘルス・コンサルティング(米国GHC) 設立
2004年 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC-J) 設立
    日本初のベンチマークシステム「DAVE」リリース
2006年  DPC ベンチマーク分析システム「EVE」リリース(MDV社と共同開発)
2007年  DPCコスト分析システム「コストマトリックス(MDV社と共同開発)
CQI研究会(Cancer Quality Initiative) 第1回会合開催
2011年 次世代型病院経営支援サービス「病院ダッシュボード」リリース
2012年 米国スタンフォード大学と共同研究
2013年 米国メイヨークリニックと共同研究
2015年 クイーンメディカルセンター研修
2016年 日本病院会と業務提携し、出来高病院向け経営支援レポート「JHAstis」開発
「病院スコープB版」リリース
2017年 「回復期の医療と経営の質向上を考える会」第1回会合開催
「病院ダッシュボードx」リリース

代表者紹介

渡辺幸子

渡辺幸子代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒、米国ミシガン大学で医療経営学、応用経済学の2つの修士号を取得。
2003年より米国グローバルヘルスコンサルティングのパートナーに就任。
2004年3月グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンを設立。
著書に『”患者思い”の病院が、なぜつぶれるのか?』(幻冬舎MC)
『日本医療クライシス「2025年問題」へのカウントダウンが始まった』(幻冬舎MC)

ページトップへ