【経営企画】海外の最新テクノロジーを駆使した新規事業をけん引する、経営企画を募集

ソフトバンク株式会社

プロジェクト「CFO100」では、将来的にジョイントベンチャーや子会社のCFOとして活躍できるようになるためのスキルマップを公開。様々なスキルを社員一人ひとりが段階的に学んでいくことができます。

【幾多の事業が芽吹く最高の環境で、最適解を導くプロフェッショナルを目指す】
新規事業やJVの立ち上げで私たちのパートナーとなるのは、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが出資する世界のユニコーン企業から、日本で確固たる地位を築く大企業までさまざまです。各社ともに成功体験や経営哲学を有していて、交渉は一筋縄でいかないことも多々あります。

事業の立ち上げや構築にはパワーが必要ですが、だからこそ面白く、次々と事業戦略策定に関われる環境は、ソフトバンクならではです。また、孫会長が「あらゆる産業を再定義する」とおっしゃっていますが、まさにその言葉通りで、私たちは産業が再定義され、時代が変わる瞬間に立ち会うことができます。ある意味、経済の根幹を担っていくのがソフトバンクとも言えます。(経営企画本部/宮﨑 泰/2019年入社)

仕事内容

【ミッション】
会社のビジョンを具体化するために、経営戦略を策定しながら、
各部門と連携し事業計画を作成、その実行を推進し、企業価値を向上させていく

【主な業務】
・経営戦略の策定
・目標と現状のGAP整理
・経営改善策検討
・経営陣の意思決定サポート

【具体的には・・・】
・担当する事業・会社の事業計画の策定、事業見通し・実績の管理
・担当する事業・会社の経営改善課題の把握および部門側との協働による課題解決
・担当する事業領域の分析
・経営陣へのレポーティング
・その他、関連する業務

【様々なキャリア形成が可能】
CFO候補として出資会社やJVへ出向し自ら事業推進するなど、企画だけではなくハンズオンで関わるチャンスもあります。また、「フリーエージェント」「ジョブポスティング」「新規事業提案」など、キャリアを支える制度が豊富にありますので、経営企画に限らず、多部署およびグループ会社も含めたキャリア形成のチャンスがあります。

【自ら手を挙げて参加する充実の社内研修制度】
・「ソフトバンクビジネスプログラム」「階層別プログラム」「次世代経営人材プログラム」を3つの柱として、グループの持続的成長の源泉となる多様性を尊重し、個性豊かな人材の育成を目指します。
・集合研修のほか、パソコンやiPhone、iPadなどのマルチデバイスで受講できるeラーニングや、研修のオンライン中継、さらにアーカイブの動画配信など、ICTをフルに活用したソフトバンクらしい学習スタイルを提供
・ソフトバンクアカデミア
  ∟孫 正義の後継者を発掘・育成することを目的に開校
   孫校長直下のプロジェクトで、経営・課題解決のノウハウを学び
   起業について実践的に学ぶことができる

【新しいテクノロジーの活用は、自社の”働き方改革”にも】
最適な働き方で組織と個人の生産性を最大化することを目的に、社内スローガンに「Smart & Fun!」を掲げ、ITやAIを駆使することで、全社員が「Smart」に楽しく働ける“働き方改革”に取り組んでいます。

◆スーパーフレックスタイム制
コアタイムを撤廃し、業務状況などに応じて始業時刻・終業時刻を日単位で変更できます。

◆在宅勤務制度
育児・介護・障がいなどで勤務時間の制約がある従業員は週3回まで在宅勤務が可能。また、トライアルを経て、将来的には全社員への拡大を目指します。

◆プレミアムフライデー
経済産業省およびプレミアムフライデー推進協議会が推進する消費喚起施策である「プレミアムフライデー」の趣旨に賛同し、毎月末最終金曜日の午後3時を退社奨励時間としています。

◆定時退社Day
退社後のプライベートな時間を充実させ、健康的な日常生活を過ごしてもらうために、週に1度、毎週水曜日に「定時退社Day」を設けています。

【仕事のやりがい】
■次々に新規事業を立ち上げているため、圧倒的なスピードで意思決定や業務が行われていきます。個人の裁量も大きく、挑戦を後押しする風土があるのが特徴です。
■経営陣との距離が近く、経営・事業の深い部分を知ることができ、様々な分野でのナレッジを蓄積していくことができます。
■提案資料が経営判断に反映され、経営戦略の策定につながり、その実行の推進によって企業価値の向上につながるという大きなやりがいを得られるポジションです。

応募条件

▼求める条件
  • 経営企画
  • 財務分析
  • 管理会計
  • 英語
  • 企業投資
【必須スキル・経験】
・事業会社における、財務もしくは経営企画の実務経験3年以上
・会計知識(財務3表分析)
・エクセル/パワーポイント(中級レベル以上)
・英語力(読み・書き)
▼歓迎条件
【希望スキル・経験】
・事業管理、管理会計、数値分析業務の経験
・会社設立や出資の経験、新規事業立ち上げの経験
・ロジカルシンキング、
・英語(ビジネス会話レベル)
・米国および国際会計知識(USGAAP/IFRS)
▼求める人物像
・財務分析で会社をリードしていきたい方
・事業の立ち上げ、運営、管理にチャレンジしたい方

募集要項

待遇・福利厚生

■財形貯蓄
■確定拠出年金制度
■関東ITソフトウェア健康保険組合
■社員食堂
■ソフトバンクホークス野球観戦
■ウェルネスセンター
■ピアサポーター制度
■定時退社Day
■福利厚生サービス
■各種育児支援制度
※厚生労働省より「子育てサポート企業」として認定されております。
■健康保険
■厚生年金
■雇用保険
■労災保険完備
■社内研修制度

就業時間

09:00 ~ 17:45
【スーパーフレックスタイム制】
コアタイムを撤廃し、業務状況などに応じて始業時刻・終業時刻を日単位で変更できます

募集職種
募集背景

「Beyond Carrier」戦略を掲げ、情報革命の新たなステージに向けた挑戦を続けるため

採用予定人数

若干名

給与

年収550~850万円

給与改定:年1回(4月)
賞与:年2回(6月、12月)

年収例
※上記はあくまで目安となります
休日休暇

■週休2日制(年間休日122日/2018年度)
■アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇
■産前産後休暇、育児休業、配偶者出産休暇、キッズ休暇
■介護休暇、介護休業、看護休暇、ボランティア活動休暇
■ドナー休暇、ハンディキャップ休暇 など

勤務地

汐留オフィス 東京都 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
【アクセス】
ゆりかもめ線「汐留駅」徒歩1分
都営大江戸線「汐留駅」徒歩3分
JR線・東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩13分
都営浅草線「新橋駅」徒歩10分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 書類選考】
【STEP 3 面接】

ソフトバンク株式会社が募集しているその他の求人

企業概要

「Beyond Carrier」戦略

【広がる事業領域】
通信・セキュリティ・クラウド・AI・IoT・ロボット・フィンテック・シェアリング・モビリティ

通信キャリアとしてのネットワークやプラットフォームを生かし、さらなる成長につなげるため、グループ各社や出資先の有力企業との協働を通して、世界の最先端技術や新しいビジネスモデルを日本に導入・展開していきます。
新たにスタートした事業やサービスは日本だけにとどめることなく、積極的なグローバル化を推進。パートナー企業の海外進出サポートや、ソフトバンク自身がサービス提供者として世界に挑んでいきます。

【事業を支える先端技術】
5G・AI・IoT・自動運転・BigData・AR/VR/MR・ロボット

高速大容量、多接続、低遅延の通信により、さまざまな産業を革新するといわれている次世代通信技術「5G」。
5Gの導入によって、人と人だけでなく、あらゆるモノとモノがつながるIoT時代が本格的に到来します。IoTが生み出すビッグデータ、そして目覚ましい進化を遂げるAIの普及によって、人々の暮らしが劇的に変わる時代。先端技術を用いた新たなサービス・ソリューションの実現に向け、さらなる技術開発に取り組んでいます。

【社内スローガン「Smart & Fun!」】
働き方改革推進の一環として、社員が最適な働き方で組織と個人の生産性を最大化することを目的に、働き方に関するスローガンとして「Smart & Fun!」を掲げています。

このスローガンの下、ITやAI(人工知能)を活用した新しい働き方を実践し、全社員がスマートに楽しく仕事をすることで、イノベーティブでクリエイティブな企業として成長し続けることを目指します。

会社名 ソフトバンク株式会社
設立 1986年 12月
代表者 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙
業種
  • 通信・キャリア
資本金 197,694,000,000円
売上高 3,000億円以上
従業員数 10,000人以上
特徴
  • 資金調達1億円以上
  • 上場企業
  • 離職率5%以下
  • 女性が活躍
事業内容

ソフトバンク株式会社は、ソフトバンクグループの中心的役割を担う企業として、情報革命の新たなステージに向けた挑戦を続けています。
国内外のグループ各社との事業シナジーを追求しながら、通信キャリア(事業者)として培った通信ネットワークを基盤にAI・IoT・ロボットなどの最先端技術を融合させ、機動的に事業を展開。従来の通信事業のビジネスモデルを超え、幅広い産業分野において革新的なサービスを提供し、さらなる成長を目指します。

経営理念
情報革命で人々を幸せに

ソフトバンクグループは、創業以来一貫して、情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進してきました。

人々にとって幸せとは何か。

「愛し愛されること」「日々生きていること」「自己実現」「笑顔」、多くの答えがあると思いますが、幸せとは、感動することと同義であると考えます。ソフトバンクグループが、何のために事業をしているのか、何を成したいのかといえば、一人でも多くの人に喜びや感動を伝えたい、ということに尽きます。われわれの創業以来の志が、この理念に凝縮されているのです。

コンピューターのパフォーマンスが飛躍的に増大し、超知性のコンピューターすら使いこなせる、今後人類が迎えるそうした情報のビッグバン「情報革命」の無限のパワーを、人々の幸福のために正しく発展させていくこと。今後もこの志を原動力に、ソフトバンクグループは成長を続けていきます。

本社所在地 〒105-7313
東京都 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング

ソフトバンク株式会社が募集しているその他の求人

社員インタビュー

経営企画本部/坂 淳平/2005年入社

入社後は法人営業、SBエナジーに出向しての経営企画を経て、現在はソフトバンクの経営企画本部で、JV(ジョイントベンチャー)やグループ会社を総括的に取りまとめる業務を行っています。世界最先端の技術を有する国内外パートナーとのJVや子会社はまさに、ソフトバンクが掲げる成長戦略の中心です。最近の代表的なものには、トヨタ自動車とのJVであるモネ テクノロジーズやDiDiモビリティジャパン、WeWork Japan、SBドライブやPayPayなどが挙げられます。全体の取りまとめに加えて、私自身も、直接ペイメントサービス関連の子会社の管理に携わっており、IoT、AIによって大きく変化していく業界に関わる面白さも感じていますし、第二、第三のヤフーになるような会社を作っていかなければならないと思います。その成長に貢献するということは、経営の一翼を担っていると感じる部分でもあるので、非常にやりがいを感じます。

加速度的に次々と新会社が生まれ、めまぐるしい変化の中にいるため、経営企画本部への異動後にまず取り組んだのは、バラバラに管理されていたグループ会社の情報をRPAで一元化して、タブレット等で可視化できるようにすることでした。この案は、直接CFOに提案し実施することとなり、経営陣との距離の近さも経営企画の醍醐味だと感じる取り組みでした。

社員インタビュー

経営企画本部/宮﨑 泰/2019年入社

ソフトバンクに転職してからは経営企画本部の法人事業管理部という部署で、M&A関連業務、子会社・関連会社の業績管理、国際事業の収益管理の3つを主に担当しています。

M&A関連業務では、主に事業の主管部所と共に、ソフトバンクとしての事業計画作成を行っています。ソフトバンクは事業会社であり、投資会社ではありません。従って、バリュエーションやデューデリジェンスの結果はもちろん重要ですが、ソフトバンクとして出資する意義があるか、出資をすることで事業シナジーが生まれるか、という観点を重要視しています。出資によるシナジー効果を最大限にするために、ビジネスモデルの構築から出資先との商業条件の検討、財務モデリングまで、幅広くプロジェクトに関っています。

働いていて思うのは、ソフトバンクは大企業でありながら、数多くの企業と組んで、次々に新たな事業を立ち上げているため、意思決定や業務スピードの速さは圧倒的だということです。なおかつ、経営企画本部という立場でもありますので経営陣とも距離が近く、自身の業務が会社経営に直接影響を与えていることを如実に感じますし、経営・事業の深い部分を知ることができます。それゆえ、さまざまな分野でナレッジが蓄積されていると感じています。

さらに、案件数が膨大で1人ひとりの裁量が大きいことも特徴です。中途入社して二週間で、会社のことをよく知らない私が海外出張をすることになった時は正直驚きましたが、同時にそのスピード感と裁量、挑戦を後押しする風土はソフトバンクならではだと思いました。

社員インタビュー

日本コンピュータビジョン/管理部長/坂東 竜聡

ソフトバンクでは世界最先端の技術を持つユニコーン企業とのJVや、アーリーステージの事業の立ち上げが増え続けています。経営企画本部では「CFO100」というプロジェクトがあって、JVや子会社のCFOや、実質的なCFOとしての管理部長を数多く輩出することを宣言しています。「こういうことを学んで成し遂げていけば、いつかCFOになれる」という指針が公開されているんですね。

新会社の立ち上げ時期は、一番大変で、だからこそ面白い。私も「CFO100」の流れに乗って、管理部長として子会社への出向が決まりました。管理部では財務だけでなく、人事・総務、法務や情報セキュリティ、購買など幅広く見ていく必要があります。また、ゼロから会社を形作り、商品だけでなく、企業としても世の中に受け入れていただけるようにしていかなければなりません。技術や営業部門もそうですが、管理部門という立場でも非常にやりがいのあるステージです。

エネルギッシュで熱量の高いスタートアップらしい空気のなか、自身のこれまでの経験や知識に加え、経営企画本部での役割を通じて築いたソフトバンク社内の人脈の後押しも受けながら、仲間と共に毎日夢中で取り組んでいます。

いずれ世界中から注目を集める原石のような会社でCFOになるチャンスがあるというのは、ソフトバンクならではだと思います。CFOにこだわっているわけではありませんが、目の前にある機会を掴むことでキャリアの幅を広げていきたい。環境を存分に生かしながら、私が以前中国で感じた「世界にインパクトを与えるサービスを提供したい、日本を変えたい」という思いを叶えたいと思います。

ページトップへ