【栃木県北】金属プレス、機械加工会社の量産品 品質保証担当者 ※※三次元測定機経験優遇※※

林工業株式会社

自動車部品、建築建材部品などの金属量産部品の出荷検査や品質保証を担当します。


林工業株式会社は創業70年を迎えた那須塩原市では長い歴史を持つ会社です。創業当時はミシン部品の製造をメインに行い、以降平成になると自動車部品、建築建材部品、医療部品、理化学実験機器の設計製造など、幅広くものづくりに携わってまいりました。世代交代の時期となり、18年前に社長交代・40代経営者の下で教育訓練された若手従業員への権限移譲の過渡期となっています。現在各部署で20代から30代の社員がキャリアを形成し、部長職の経験豊富な管理者のもと実務を担当しています。オーナー企業ですが、若手の意見を重視し、トップと話しやすい環境が整っています。働き方改革推進中!培った経験を発揮し、当社の成長と発展に力を発揮してみませんか?

仕事内容

金属プレス、機械加工の量産品が顧客図面の寸法に正しく製造されており、出荷に問題がないかどうかを記入して製品に添付して出荷します。
三次元測定機、投影機、画像測定器などを使用し、製品の測定を行います。
測定したデータをパソコンにまとめ、客先へ送る提出資料を作成します。
キズ、凹凸などの目視検査も行います。

応募条件

▼求める条件
ものづくり製造の現場でものつくり経験があり、寸法管理や検査を経験している。
▼歓迎条件
品質保証経験者優遇
▼求める人物像
お客様へ確かな製品をお届けしたいという気持ちがあり、一生けん命になれるかた。

募集要項

待遇・福利厚生
就業時間

08:00 ~ 17:00

募集職種
募集背景

戦力強化などのため

採用予定人数

若干名

給与

年収250~450万円

ご経験、能力によって評価いたします。

年収例
30台、40台係長クラスで400万円、課長クラスで500万円程度。
休日休暇
勤務地

西那須野工場 栃木県 那須塩原市高柳2-10
自車で通勤する方が主です。

雇用形態

正社員

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

林工業株式会社が募集しているその他の求人

企業概要

自社内で250t~35トンプレス、近隣協力工場にて250t~400tプレス、表面処理各種協力会社様と 連携しながら、金型の立ち上げから一貫生産後の完成品量産納入までをお手伝いします。

長い歴史のうち、その多くを支えてくださった縫製機械業界の方々に感謝申し上げると共に、当社がさらに発展すべく取り組んでまいりました自動車部品業界の方々にも支えられ、現在では先述の業界様を始め、建築部品業界・電子部品業界・遊具・検査機器等、様々な業界からご支援をいただける会社になってまいりました。
また、家庭用ミシンの心臓部であるジグザク発生機構台(縫い目模様制御機構)の経験を生かし、電子制御・駆動系制御においては、大学の研究室などで使用される理化学汎用実験機器の開発と組立も、当社の主要なラインナップとして、ご愛顧いただいております。
昨今、わが国の景気動向は非常に不安定であり、大手企業の海外生産移転は日常化しております。当社は、その動向を逆にチャンスと捉え、多くの製品をプレス加工化することでコストダウンを実現することを提案しております。金属プレス金型の設計製作からプレス加工、切削・研磨など金属加工、溶接・表面処理、圧入・組立などを一貫生産体制で行っており、金属樹脂を問わずサブアッセンブリーの機能組立部品一式を部品調達から加工・組立まで自社内で品質を保証しながらお客様へお届けすることが可能となりました。「小回りの効く会社」を目指し、今後も尚一層精進していく所存でおります。

会社名 林工業株式会社
設立 1950年 10月
代表者 代表取締役 林 雄太
業種
  • 電気・電子部品・半導体
  • 精密機器・計測機器
  • 自動車・自動車部品・輸送機器
資本金 20,000,000円
売上高 10億円~30億円未満
従業員数 100~300人未満
特徴
  • 平均勤続年数10年以上
  • 離職率5%以下
  • 女性が活躍
事業内容

精密金型製造と金属プレス加工、切削・溶接・組立の一貫生産

理化学実験機器/検査機器の設計開発

本社所在地 〒145-0065
東京都 大田区東雪谷3-26-3
その他事業所

[西那須野工場]栃木県那須塩原市高柳2-10
[那須烏山工場]栃木県那須烏山市鴻野山6

沿革
昭和22年 9月
東京都旗の台にて創業

昭和25年10月
新生ミシン製造(株)の協力工場となり、ミシン部品の製造開始。
ばね付きドライバーの製造に着手

昭和28年
ばね付きドライバーの製造方法(絞り並びに冷間塑性加工)を応用し、精密プレス部品加工化意思。蛇の目、リッカー、ジューキ(現JUKI)シンガー等各社へ製造・販売を開始する。

昭和30年
ばね付きドライバーの特許出願。

昭和37年 9月
4,000坪の土地を買収し、栃木県に西那須野工場完成。

昭和42年
西那須野工場において第二工場完成。

昭和45年
ファインブランキングプレスを導入し、精密打ち抜きプレス部品の金型製作、部品加工開始。

昭和46年
家庭用ジグザグ縫い発生機構の組立て開始。

昭和47年
西那須野工場において、第三工場、第四工場完成。

昭和48年
NC付きワイヤーカット放電加工機を導入し、金型加工方法を大きく改革。

昭和52年
本社工場を西那須野工場に移設拡大。第五工場完成。

昭和56年
工場隣接地600坪を取得し、合計4,600坪となる。
西那須野工場に第六工場(組立及び倉庫)と社員ホール完成。

昭和57年
西那須野工場に第七工場完成。

昭和59年
理化学実験機器の設計開発・製造に着手。

平成元年
自動車部品業界へ参入。

平成9年
切削加工を開始。マシニングセンターなど設備投資。

平成11年
資本金を2,000万円に増資。

平成12年
創業50周年を迎える。

平成13年
150トンプレスを設備、35トンプレス15台による、絞り、プレスライン加工開始。
デジタルカメラ等のアルミ外装部品の金型製作・加工に着手。

平成14年
栃木県商工会連合会により、商工会経営品質認証を取得。

平成17年
日本品質保証機構(JQA)によりISO9001:2000 認証取得。

平成19年
栃木県雇用協会より、継続的雇用創出企業として表彰

平成20年
那須烏山工場を新設、250トンダブルクランクプレス操業開始

平成22年
2010年2月19日 ISO9001:2008 改定

平成22年
創業60周年を迎える

平成23年
得意先様よりファインブランキングプレス事業すべての業務移管を受ける。
設備並びに金型と付随する工作機械を西那須野工場に再構築する。

平成25年
那須烏山工場の土地建物1600坪を取得し、西那須野工場と合わせ6200坪となる。
第65期より新本社(現在地)へ移転

平成28年
妊娠・出産・育児に対するワークライフバランスを重視し、出産時休職・産後の復職等への理解を重視する事業所として、栃木県那須塩原市より「男女共同参画推進事業所」の表彰をされる。

平成29年
150トンプレスを新規導入、生産管理システム構築、ISO 9001:2015 改定

代表者紹介

林 雄太

林 雄太代表取締役

1995年 立教大学経済学部経営学科卒。ロイヤルパークホテルにて法人営業担当。2001年より現職

林工業株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ