こちらの求人は2019/03/14に掲載が終了しています。

※教員経験不問※教師の夢をもう一度【英語教員/私立中高一貫校】文科省認定のスーパーグローバルハイスクール(SGH)。社会で培ってきたあなたの経験そのものが活かせます!<毎年の英国研修/賞与あり>

学校法人富士見丘学園

活かせるのは英語力や資格だけじゃない。世界で生き抜く真のグローバル人材育成「グローバル・コンピテンシー」により早くから取り組む当校であなたの社会人経験、英語力をネクストジェネレーションのために活用!

記憶力を使って知識をインプットし、
ペーパーテストでアウトプットした知識を、スコアではかる教育。
これまでの学校教育としてスタンダードともいえるスタイルです。

一方でこのやり方では、「指示されたことはできるけど、自分で課題解決することができない」
といったマニュアルありきな思考に陥りがち。

社会において、企業はもとより、
働く本人にとっても大きな壁となっている現状があります。

――だから今、社会で重要視されるのは、
主体性をもって課題解決できるかどうかということです。

『富士見丘中学高等学校』では、
大学受験をクリアするためのつめこみ型で英語を身につけるのではなく、
コミュニケーションツールとしての英語力を養いながら、
社会課題を捉え直す。そんな教育を実践しています。

インプットだけでなく、プレゼンテーションなどのアウトプットを重視することで、
英語力はもちろん、「行動力」「表現力」「課題解決力」などを育てるのが目標。

今回募集する英語科の教員も、普段は英語の指導が中心となりますが、
教科の壁を越えて取り組む課題研究(環境問題や貧困、災害など)があります。

このような取り組みでは、教員という立場を越えて一人の人間として、
社会人経験で得た課題解決力が活かせるのが醍醐味。

実際に、出版社やカード会社、鉄道会社出身の英語教員も本校で活躍しています。

また、生徒を育てる仕事でありながら、
実は自分自身の成長実感が得られるのもやりがいにつながります。

スーパーグローバルハイスクール(※SGH)にも指定された学校。
英語力はもちろん、本校だからこそ発揮できるあなたの経験を、教育に活かしてみませんか?

(※SGHは、国際的に活躍できるグローバルリーダーを育てることを目的とした事業で、
先進的な教育に取り組む学校として文部科学省より選出されています)

仕事内容

中高一貫の私立校で英語科の担当となります。
基本的には、所属する学年や担任する学年を受け持つことが多いですが、
中学のみ、高校のみといった分け方ではないため、
6学年の中でいずれかを担当する流れとなります
(学年を掛け持ちするケースもあります)。

また、クラス担任、部活動顧問、校務分担(生徒指導や進路指導など)もお任せします。

<教育の特徴>
英語4技能教育に注力し、「コミュニケーションツール」として
使える英語力を習得させることが目標。

加えて、「思考力」・「創造力」・「行動力」・「表現力」・「課題解決力」など、
総合的な能力を身につけさせたいと考えており、
本校ではそれを「グローバル・コンピテンシー」と呼んでいます。

教科の学習をベースとしながらも、さまざまなプログラムを通して課題研究に取り組ませ、
インプットだけではなく、プレゼンテーションなどのアウトプットを重視して
その能力を養うことに尽力しています。

■中学校
「一般」、「英語特別コース」、「グローバルアスリートコース」に分かれ、
共通で学ぶカリキュラムのほか、コース別にそれぞれの目的に合わせた英語教育を実施しています。

英語の授業は週6~8時間。
このほか、生徒には、毎週スカイプでネイティブと1対1で30分間英会話をする時間があり、英語日記・エッセイ添削指導なども行なっています。

■高校
「グローバルコース(一般)」「アドバンストコースA(英語特進)」
「アドバンストコースB(インター)」「トップアスリートコース」に分かれます。

TOEFL、IELTS、TEAP、GTECなどの
英語4技能を測る外部検定テストをいずれか1つは全員が必修で受験します。
また、目指すレベルに応じたコースを選択することで、海外の高校生と活発に意見交換ができるレベル、アカデミックで複雑なテーマに関して明確な意見が述べられるレベルの英語教育を行なっていきます。

さらに、高校2・3 学年次の選択科目においては、海外フィールドワークでサステイナビリティ(※)の視点を身につけ、英語でのプレゼン力に加え、グローバルリーダーとしての資質を磨ける取り組みを行なっています。

<各コースについて>
英語特別コース(中学)・アドバンストコースB(高校)は、インター校、海外現地校出身者や高度な英語力を有する生徒を対象とした取り出し授業も実施するコース。

グローバルアスリートコース(中学)・トップアスリートコース(高校)は、グローバルな舞台で活躍するスポーツアスリートを想定したコースとなっています。

<SGHプログラムについて>
教科横断型授業、高大連携授業、国内外フィールドワークを実施する
「※サステイナビリティ基礎」(高1)
「サステイナビリティ演習」(高2・3)などを実施しています。

※サステイナナビリテイとは・・・
サステイナビリティ(持続可能性)の視点であらゆる社会課題を捉え直すことが、富士見丘のSGH活動の全体テーマ。
環境問題はもちろん、貧富の格差や被災によるコミュニティ崩壊など社会におけるあらゆるテーマについて教科の壁を越えて、生徒と一緒に課題研究に取り組んでいます。

――本校の働く環境――
【給与面】
昨今の私立中高において賞与が出ないまたは、年1~2ヶ月という学校がある中で、年5ヶ月支給の実績があります。

【職場の雰囲気】
65名の教員が活躍しています。
そのうち英語科には、日本人教員8名、ネイティブ教員が6名在籍しています。
開放的な職員室で、各学年単位で座席を割り振っています。

困ったことがあれば相談しやすく、和気あいあいとした雰囲気の中で仕事をしています。
また、理事長・校長は日本私立中学高等学校連合会の会長で、文部科学省中央教員審議会委員も歴任しています。

【グローバルに活躍するチャンス】
生徒の短期留学(イギリス)の引率や、SGHプログラムの一環としての海外フィールドワーク、帰国生募集のための海外入試(NY、ロンドン、香港など)や広報活動等、多くの機会があります。
また、教員自らグローバルコンピテンシーを身につけることも可能です。
英語科には夏期休暇中にイギリス・コッツウォルズ地方への語学研修制度があります。

【仕事のやりがい】
基本的には所属する学年の授業をメインで担当することになりますが、
中学、高校と分けていないため、6学年の授業に携わる機会があります。

さまざまな段階の英語学習に関わる面白さもありますが、
つめこみではなく、コミュニケーションツールとして
使える英語力を身につけることが本校の目的です。

学年が上がるごとに、英語でのコミュニケーション力がアップする子どもたちの成長に喜びを感じられるでしょう。

また、教科の壁を越えて、課題解決研究(環境問題をはじめとするさまざまな社会問題)に取り組みます。
生徒はもちろん、自分自身も学べる場になるため、教える立場でありながら、成長実感が持てる仕事です。

応募条件

▼求める条件
・教員免許(英語/中学・高校いずれも必須)
・教員としての実務経験(あれば尚可)
・CEFR B2以上(英検準1級、TOEIC800点以上など)
▼歓迎条件
・海外留学経験
▼求める人物像
・子どもが好きな方
・何事にもポジティブに捉え、労を惜しまず取り組める方
・周りの仲間と協同し、子どもを育てることにやりがいを感じたい方

募集要項

待遇・福利厚生
就業時間

08:15 ~ 16:30
・残業時間:月10~30時間

募集職種
募集背景

スーパーグローバルハイスクール(SGH)として、
21世紀をリードするグローバル人材の育成に努める当校。

英語4技能教育に注力し、「使える」英語力を習得させるため、さまざまな取り組みをしています。
今回は体制強化のため、英語教育に携わる教員を募集することになりました。

採用予定人数

若干名

給与

年収395~620万円

■賞与:5カ月分(過去実績)

休日休暇

・行事などにより土曜出勤あり(月2回程度)
・産休・育休取得実績あり

勤務地

本校 東京都 渋谷区笹塚3丁目19番9号
京王線「笹塚駅」より徒歩5分

<京王バス>
中野駅→笹塚中学校下車(乗車約12分)徒歩3分
新宿駅→笹塚中学校下車(乗車約12分)徒歩3分
中野駅→笹塚中学校下車(乗車約12分)徒歩3分
渋谷駅→笹塚中学校下車(乗車約25分)徒歩3分

<都バス>
阿佐ヶ谷駅→笹塚下車(乗車約20分)徒歩5分
渋谷駅→笹塚下車(乗車約30分)徒歩5分

雇用形態

正社員

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

企業概要

会社名 学校法人富士見丘学園
設立 1940年 3月
代表者 校長 吉田 晋
業種
  • 学校・公教育
事業内容

中学校/高等学校の運営

本社所在地 〒151-0073
東京都 渋谷区笹塚3丁目19番9号

キャリトレはレコメンド機能であなたにぴったりの求人を提案する転職サイトです。

ページトップへ