株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ

その他

Slide 1 of 4

【マーケテックエンジニア】新規事業立ち上げメンバーとして一緒に新たなDMPサービスを創る仲間を募集!

  • 求人情報
  • 企業情報
  • インタビュー

企業からのメッセージ

”スペシャリスト集団へ”
コミュニケーションを中心としたマーケティング領域に特化!マーケティングデータを活用したデジタルおよびマスメディアの計画とバイイングを担います。

今ADKグループは生まれ変わる”第二創業期”です。
新しい広告の在り方を一緒に作っていく仲間を求めています。

従来、ADKはエンタメコンテンツに強みを持ち、広告ビジネスで業界トップクラスの地位を築いてきました。しかし、スマートフォンの普及やIT技術の目覚ましい発展により、様々な消費行動が”ビックデータ”として蓄積され、従来の大衆に向けた広告から、より”個”へ訴求できる広告の在り方へ大きく変化してきています。

そういった時代の流れの中で、ADKマーケティング・ソリューションズではクライアントとのインターフェイスとして、コミュニケーションを中心としたマーケティング領域における総合的なソリューションの提供を行ってまいります。

また、メディアプランニングとバイイング機能を持ち、マーケティングデータを活用したデジタルおよびマスメディアの計画とバイイングを行います。注力分野であるデータマネジメント領域においては、プラットフォームの拡充を図ると共に結果に直結する運用力を高め、クライアントのビジネス成果に貢献してまいります。


*「VISION 2020」*
クライアントの顧客である消費者を動かし、クライアントのビジネスに直結する貢献で付加価値を提供していく、消費者をアクティベートする付加価値が創出できるプロフェッショナルとしてバリューを発揮していく「コンシューマアクティベーションカンパニー」を目指すことを経営の方針に掲げました。

その目指す姿を実現するためWPPグループを脱退し、データドリブンビジネスを熟知したプロフェッショナル集団を目指しています。非上場化し、「基盤の構築と構造改革」を実現して3年後の再上場を目指しております。

仕事内容

【仕事内容詳細】
ADKの新規事業立ち上げメンバーとして、一緒に新たなDMPサービスを創っていくマーケテックエンジニアを募集します。

総合広告代理店であるADKは、TVの視聴ログやWebメディアログを含む数百億件の消費者行動データを保有しています。クライアントが独自に持っているデータとADKのデータを組み合わせることにより、価値のある広告ソリューションを創造し、提供することがミッションです。また、ADKの強みでもあるアニメ・エンタメのコンテンツを活かして、アニメ・エンタメ領域のデータを活用したサービスを展開する構想も持っています。

【具体的には】
・エンジニア視点を取り入れた新規事業の企画
・新規事業立ち上げに向けたプロジェクトマネジメント
・保有データを活用した、新規プロダクト開発のための解析
・大規模データ分析を効率的に行うための基盤の整備・開発

【開発環境】
・検索エンジン: Elasticsearch, Solr
・データ転送: Fluentd, Kinesis stream, Lambda, Embulk

まだ始動したばかりの組織なので、決まりごとが少なく、自由な発想かつ自由な職場環境で仕事を進めていくことができます。TV視聴データを含めて、扱えるデータ数や領域の広さは、他では経験できません!データ活用の未来を一緒に創りましょう!

まずは話だけ聞いてみたいという方でも大丈夫ですので、ご応募お待ちしています。

【ADKの特徴】
■中途社員が活躍出来る環境~
ADKは旭通信社と第一企画社が合併して発足していることに加え、これまで世界最大手の広告グループと業務・資本提携したりと、様々な文化が入り混じって形成された会社です。新卒文化ではなく中途社員の役員がいたりと、公平に評価される環境があります。様々な個性や経験が入り混じりシナジーを生み出しています。

■ADKの取り組み
「中学生の職場体験ワークショップ」「東京大学アサツー ディ・ケイ中国育英基金」などADKが社会とのつながりを強固にするために行っている取り組みが多数あります。

具体例 ~ADKこども参観日~
ADK本社オフィスではワークライフバランスを考えた子育てしやすい社内環境づくりを目的に、社員の子どもたちが会社を訪問する「こども参観日」を毎年開催しています。
こども参観日は、オフィス見学やワークショップなどを通じて、自分のお父さん・お母さんが働く広告会社について学び、さらに、「考えて創る」楽しさを体験してもらうことを目的としています。

■アイデアが生まれるオフィス環境
ADKの本社オフィスは、「アイデア・キャンプ」というクリエイティブなコンセプトに基づいてデザインされおり、4つのユニークな会議室があります。通常の会議室とは違う環境で社員たちがディスカッションし、本音をぶつけあうことで、斬新なアイデアを次々に生み出しています。

会議室の共通するテーマは「ほぐす」。あえて「非日常」を作り上げ、特別な体験を提供することで、煮詰まった頭をほぐします。例えば「瞑想の会議室」という会議室が有りますが、椅子ではなく床に直接座る部屋があります。そうやって目線を下げ、白を基調とした空間に、自分たちがゆったりと包み込まれることで、よりリラックスした会議ができます。

会議中の姿勢も自由です。時には、寝転んだり、背筋を伸ばしたり。時には、座った仲間の間に自分のカラダを割りこませながら、思いついた新しいアイデアを共有したり。車座のフレキシブルな関係は、きっと仲間の一体感を生んでくれるはずです。

東京にあるオフィスを訪れたら、ぜひのぞいて、ADKの雰囲気や活気を感じてみてください。

============
ADKの歴史
■コンテンツビジネスの先駆者的存在に!
先行する大手に対抗すべく、旭通信社は雑誌広告に資料請求ハガキを付けるなど、前例のないアイデアを次々と実現し、「雑誌のアサツー」と呼ばれるようになりました。1963年からは、「エイトマン」を皮切りに、当時はまだ少なかった国産のテレビアニメの企画・制作を開始。コンテンツ・ビジネスの先駆け的存在として、「アニメのアサツー」として知られるようになりました。1979年からは「ドラえもん」のテレビアニメ化に携わり、その後長きにわたり、国民的人気キャラクターと歩みをともにしてきています。

■エリマキトカゲブームの火付け役に!そして株式会社アサツーディ・ケイの発足
第一企画の発足は旭通信社よりも早く、1951年、境直哉と堀田三郎が中心となり、第一企画宣伝株式会社を設立したのが始まりで、1961年に第一企画へ改称。話題のテレビ番組を次々と世に送り出し、「企画の一企」「テレビの一企」と称されました。

1984年に制作した三菱自動車工業ミラージュのテレビCMは、登場した「エリマキトカゲ」が話題になり、日本中に大ブームを巻き起こしました。そして1999年、旭通信社と第一企画が合併、アサツー ディ・ケイ(ADK)が誕生しました。2019年1月からは持ち株会社制に移行。第二創業期を迎えています。


【仕事のやりがい】
・TVの視聴ログデータなど、一般のWeb企業では扱えないデータを扱うことができます。
・新しい組織、チームなので自由な環境と発想で働くことができます。
・新規事業チームには中途入社のメンバーも多いため、馴染みやすい環境です。

応募条件

大卒以上

必須条件

・Linux系OSでのコマンド操作およびシェルスクリプト作成の経験
・Webアプリケーションに関する知識や環境構築の経験
・データベースに関する知識およびデータ分析の経験
・複数人が関わるプロジェクトをマネジメントした経験
・4年制大学卒業以上

歓迎条件

・Java, Python, PHP, JavaScript等の言語を用いた開発経験
・個人情報等を取り扱うセキュリティレベルの高いシステムの運用経験
・社内における広告運用業務の自動化、効率化に取り組んだ経験
・DMPおよび、DSP / SSP等アドテク領域の知識

求める人物像

・自ら考え、主体的に行動を起こせる方
・周りと協力し、巻き込みながら仕事を進めることができる方
・次世代の技術や新しい領域に興味を持ち、挑戦し続けることのできる方
・統計や機械学習まわりのトレンドに興味をお持ちの方
・消費者の行動データやマーケティングへの興味をお持ちの方


募集要項

募集職種

システムエンジニア(SE)プログラマー(PG)・コーダーデータベースエンジニア

募集背景

事業拡大に伴う増員

【採用予定人数】
若干名

勤務地

転勤あり
本社 東京都 東京都 東京都港区虎ノ門一丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー
初任地は東京となります。以後社内の可能性異動あり。

雇用形態

正社員

選考プロセス

【STEP1 応募】

福利厚生・給与・休暇

待遇・福利厚生

交通費支給(上限あり)社会保険完備家族手当退職金制度

給与

年収非公開

応相談 【年収例】 ※正社員登用前提の契約社員期間(1年、最大2年まで延長有り。)を提示する可能性があります。

休日・休暇

有給休暇夏季休暇年末年始休暇産休・育休週休2日制土日祝日休み
こちらの求人は、掲載が終了しました
キャリトレアプリ

アプリで、キャリトレがもっと便利に

  • ログイン時のパスワード入力が不要
  • 新着情報をお知らせ
  • いつでもどこでも求人をチェック!

お気づきの点や疑問点がある⽅は、こちらから気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ