BtoCのサービス業向けのコンサルティング <第二新卒・未経験歓迎>

株式会社船井総研ホールディングス(株式会社ユニポテンシャル)

ヘッドハンター求人

仕事内容

【仕事概要】
"BtoCサービス業に関わる様々な業種のサポートを行っていますが、その中でも主力は次の3つとなります。

【仕事詳細】
▼エンディング業界
これからの高齢化、多死社会の中で、世の中に無くてはならない業界。
葬儀業界、仏壇、墓石業界におけるコンサルティングにおいては、国内最大級の組織になります。パーソナルユース化した供養業界において、企業にとって、また消費者にとって最適な供養の形である「プレミアムコンパクト葬」「樹木葬」を中心に、地域に愛される企業づくりのサポートを行います。

▼ビューティ業界
1億総活躍時代において、益々今後の活躍が期待される女性を後方から支えるビューティ業界。
美容室を中心に、周辺のビジネスモデルを付加し、企業としての全体の生産性を向上させるサポートを行います。美容室向けの「個室型ヘアエステ専門店」、「ダイエットエステ専門店」、「振袖レンタルフォトスタジオ」といった周辺ソリューションを提供しています。

▼観光業界
観光立国に向けて益々広がるマーケットの中で、日本をこれから支えることを期待される観光業界。
観光業界の中でも特に旅館・ホテルにおけるコンサルティングを行っています。特に「旅館・ホテルを働き甲斐のある職業に」というコンセプトを掲げ、他のコンサルティング会社にはない、生産性向上を中心軸においたコンサルティングを行っています。

応募条件

▼求める条件
・大学卒業以上
・社会人経験
▼歓迎条件
・ブライダル業界での接客経験3年以上
・toCのWEBマーケティング(ディレクション、広告運用)業務3年以上

募集要項

待遇・福利厚生

財形貯蓄制度
従業員持株会
育児休業制度
ホームヘルパー制度

【教育制度】
全社研修 ・部署研修 ・フォロー研修 ・船井流コンサルティング研修等
※基本的にはOJTです。

就業時間

09:30 ~ 17:45
※月1回、全社で「ノー残業デー」を設けています。

募集職種
給与

年収400万円~

※職務経歴や経験を考慮の上、当社規定により決定します。
※社歴ではなく、実績によって評価・昇給します。

年収例
<年収例>
840万円/35歳・入社5年目:月給37万1900円+賞与
970万円/37歳・入社4年目:月給39万800円+賞与
休日休暇

リフレッシュ休暇

勤務地

東京都千代田区丸の内

雇用形態

正社員

企業概要

会社名 株式会社船井総研ホールディングス
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
事業内容

■P/Lコンサル=成長実行支援 
■B/Sコンサル=価値向上支援(M&A事業承継・企業再生・生産性向上・地方創生)
■HRDコンサル=人財開発支援
■ICTコンサル=デジタル化支援

船井総合研究所は1970年の創業以来、一貫して「企業の業績アップ支援」に取り組んでいます。
現在では130の業界に約6800社のご支援先と約600名のコンサルタントが所属する、国内でも最大規模の経営コンサルティング会社です。
売上の7割を占める船井総研独特のコンサルティングスタイルである「月次支援」(毎月1回クライアント先に訪問し、業績アップのための具体的なアドバイスを行うこと)は、6,000社以上のクライアントの支持を受け、長期的なお取引を確保しています。
今後は、2020年に向けて、中小企業の「総合経営コンサルティンググループ」の実現をめざし、さらに支援テーマを拡大見込みです。

ヘッドハンター名 株式会社ユニポテンシャル
設立 2015年 11月
代表者 代表取締役CEO 蛎田 一博
資本金 5,000,000円
従業員数 10人~30人未満
本社所在地 〒150-0001

渋谷区神宮前6-12-18

WeWork Iceber

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-307603
特色・得意分野など 私達は「できることをふやそう」というビジョンを掲げています。
先行き不透明で不確実な世の中であっても、それが個人でも企業でも、日々少しずつ「できることをふやす」これだけが確実に成長や未来の選択肢を増やせる指標であり手段だと考えているからです。 新卒で安定した大手企業に入れば、給与は年々増加し、定年まで働けるという社会構造は崩壊しつつあり、今後何十年も続くことはないでしょう。安定していると思われていた大手企業の経営破綻というニュースも耳にします。
また、少子高齢化が進むと同時に、年金受給年齢の引き上げは年々なされており、将来受給年齢が70歳以上になるとも言われております。そうなると今の20代は70歳まで働き続ける必要がある=仕事のある(市場価値がある)人材であり続ける必要があります。

さらに、誰にでも出来る仕事はより安価な労働力(外国人労働者や人工知能)に代替されていくことも、今後益々加速するでしょう。このような時代背景から、個人に目を向ければ、若手人材がどの会社でどのような経験を積むかという事は、不確実な世の中で真の安定を得る為の、非常に重要な要素であることは明白です。
また企業にとっては、最適配置されたハイパフォーマンスな若手人材をいかに確保し、育てていくのかという事が課題であると言えるでしょう。
私たちは今後の日本経済を支える成長企業と成長志向の強い若手人材が、大いにそれぞれのパフォーマンスを発揮する事が社会を豊かにすると考えています。その両者を繋ぐサービスを提供し、その結果として、「日本経済を支えていくような企業を創る支援を行いたい」と考え事業を行っています。

ページトップへ