自然派化粧品メーカーのOEM営業

株式会社ジュポン インターナショナル(株式会社ユニポテンシャル)

ヘッドハンター求人

仕事内容

新規もありますが、基本的には既にお取引のあるお客様へのルートセールスがメインとなります。
現在お付き合いのある取引先は、テレビCMに出ている有名企業をはじめ、大企業、中小企業など多数。
弊社の化粧品の高い技術力を生かし、化粧品の中身だけでなく、容器や箱やデザインなどゼロからお客様と一緒に考え、カタチにしていくお仕事です。

【仕事詳細】
・化粧品を扱う企業に対して「ウチと一緒にヒット商品を作りませんか?」と提案していただきます。
・化粧品の中身、容器、箱等の企画提案をして、ゼロから商品をお客様と作り上げていきます。

【仕事のやりがい】
処方開発を行っている研究所内に席があるので、研究員と密にコミュニケーションをとりながら、お客様のニーズに沿った商品の企画提案をしていきます。お客様のご要望に寄り添い、自社の高い技術力を生かしてプロデュースした商品が店頭に並び、目の前でヒット商品となっていく喜びや感動を味わうことができ、非常にやりがいがあります。

現在、化粧品を扱っている企業は日本国内だけで約1万社以上、その中で自社で商品開発から生産まで行っている企業はわずか1割以下だといわれています。このような状況の中で、当社ではグループ会社に容器製造メーカー、印刷会社を有しているため容器やパッケージも含めて1つの製品を自社内でトータルプロデュースすることも強みとなっております。

応募条件

▼求める条件
営業経験
▼歓迎条件
・OEM営業、法人営業を経験された方は優遇。(業界未経験可)
・化粧品業界のメーカーへのOEM営業、原料メーカー営業、容器メーカー営業の経験者も歓迎いたします。 

募集要項

待遇・福利厚生

慶弔見舞金/保養所/社員割引(40%OFF)/会員制宿泊施設利用

就業時間

08:15 ~ 17:00
平日8:15~17:00/土曜8:15~14:00。残業:19時半前後 ※個人の裁量やお客様のご都合によります。

募集職種
採用予定人数

若干名

給与

年収340~400万円

試用期間3ヶ月。※年齢・経験・スキルを十分考慮の上決定します。
※職種特別手当を営業残業手当として支給します。
賞与:年2回(7月、12月)/昇給:年1回(4月)

年収例
【年収のモデルケース】
380万円(月給27万円+賞与)/28歳(入社3年目)
480万円(月給32万円+賞与)/34歳(入社10年目)
休日休暇

年間休日112日。週休2日制(土、日、祝日 ※月1回基本的に第4土曜出勤)
GW

勤務地

東京都 大田区西糀谷4-31-5
・京浜急行空港線「糀谷」駅から徒歩4分
・京急「京急蒲田」駅から徒歩10分

雇用形態

正社員

企業概要

会社名 株式会社ジュポン インターナショナル
業種
  • 食品・化粧品
  • 日用品・インテリア
  • 医薬品メーカー
事業内容

1976年設立以来、自然派化粧品会社として独自の研究から得たデータをもとに、業界初の「水溶性ファンデーション」を完成させました。これまで、化粧品業界に幾度も変革期が訪れましたが、創業以来自然派主義を貫く私たちは、お客様のニーズに答えるべく「クオリティは自然から」を基本理念としてまいりました。40年以上かさねてきた実績を持って、原点を忘れずより長く愛される商品、そして最先端の技術を持って、常に時代の流れを読んだ商品を生み出し、活躍の場を世界へと広げております。自社工場において化粧品の開発製造を通し、現在3000以上の処方を開発し、多種業種に渡りOEM受託製造も積極的に取り組んでおります。
資本金:2,380万円(グループ全体 1億8,600万円)
従業員:150名(グループ全体 250名)

【事業内容】
化粧品製造及び医薬部外品製造業
・基礎化粧品全般の製造、販売
・トイレタリーの製造、販売
・メイクアップ商品全般の製造、販売

ヘッドハンター名 株式会社ユニポテンシャル
設立 2015年 11月
代表者 代表取締役CEO 蛎田 一博
資本金 5,000,000円
従業員数 10人~30人未満
本社所在地 〒150-0001

渋谷区神宮前6-12-18

WeWork Iceber

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-307603
特色・得意分野など 私達は「できることをふやそう」というビジョンを掲げています。
先行き不透明で不確実な世の中であっても、それが個人でも企業でも、日々少しずつ「できることをふやす」これだけが確実に成長や未来の選択肢を増やせる指標であり手段だと考えているからです。 新卒で安定した大手企業に入れば、給与は年々増加し、定年まで働けるという社会構造は崩壊しつつあり、今後何十年も続くことはないでしょう。安定していると思われていた大手企業の経営破綻というニュースも耳にします。
また、少子高齢化が進むと同時に、年金受給年齢の引き上げは年々なされており、将来受給年齢が70歳以上になるとも言われております。そうなると今の20代は70歳まで働き続ける必要がある=仕事のある(市場価値がある)人材であり続ける必要があります。

さらに、誰にでも出来る仕事はより安価な労働力(外国人労働者や人工知能)に代替されていくことも、今後益々加速するでしょう。このような時代背景から、個人に目を向ければ、若手人材がどの会社でどのような経験を積むかという事は、不確実な世の中で真の安定を得る為の、非常に重要な要素であることは明白です。
また企業にとっては、最適配置されたハイパフォーマンスな若手人材をいかに確保し、育てていくのかという事が課題であると言えるでしょう。
私たちは今後の日本経済を支える成長企業と成長志向の強い若手人材が、大いにそれぞれのパフォーマンスを発揮する事が社会を豊かにすると考えています。その両者を繋ぐサービスを提供し、その結果として、「日本経済を支えていくような企業を創る支援を行いたい」と考え事業を行っています。

ページトップへ