営業(半導体部門)【老舗企業だけど風通しの良い風習で若手や中途でも活躍できる環境】

老舗エレクトロニクス技術商社(株式会社キャリアデザインセンター)

ヘッドハンター求人

仕事内容

主に国内メーカーに対して半導体、電子部品の営業を担当していただきます。
複数の海外メーカーとの仕入があり、商社としての醍醐味である新規仕入先や新製品開拓、国内への販売戦略等の業務にも携わることが可能です。

【競合優位性】 
海外の最先端商品のマーケティングを積極的に行い、いち早く日本に取り込んでいます。
高い技術と顧客志向が評価され、継続取引52%と高い割合を誇っています。

【組織構成】  
営業3名(男性 20代~40代)が所属しております。

【同社について】
東南アジアにおける防火システム事業・セキュリティ事業の拡大や産業事業を中心とした米国・南米市場への進出、更にはRFID特殊タグ等の北米・欧州といった先進国への販売など、グループ力を強化し海外市場へ展開しています。
全社員の408%を技術者が占めており、質の高い技術支援ができます。
海外半導体メーカーの最新デバイスや電子部品群を豊富に取り扱っており、電子部品は当社の売り上げの約25%を占める分野です。

応募条件

▼求める条件
◆半導体、電子部品、基板、機構部品などの営業経験

募集要項

募集職種
給与

年収400~600万円

勤務地

東京都

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

企業概要

会社名 老舗エレクトロニクス技術商社
業種
  • 専門商社
事業内容

【事業概要】
◆1952年の創業以来、欧米をはじめとする世界各国の最先端エレクトロニクス機器を日本に紹介してきた歴史の深い技術商社です。
世界の最先端メーカーとの交流を深めるとともに、情報網と情報収集のノウハウを培ってきました。
【具体的には…】
◆大きく分けて以下の5つの事業を柱としています。
1. セキュリティ・システム:1970年代より某海外メーカーの国内代理店として、セキュリティ・システムを取り扱っています。
2. ビジネスソリューションプロダクト:オフィス内の入退室管理システムやネットワークセキュリティ等を取り扱っています。
3. 電子プロダクト:加速度センサーなどの各種センサーなどの海外製の半導体・電子部分を取り扱っています。
4. 産機プロダクト:スライドレール、ガススプリング、昇降システム、キーシステム等、日米欧の優れた製品を産業界に提供しています。
5. カストマ・サービス:セキュリティやビジネスソリューションプロダクトで販売したシステム機器の設置、保守等を行っています。

ヘッドハンター名 株式会社キャリアデザインセンター
設立 1993年 7月
代表者 代表取締役社長兼会長 多田 弘實
資本金 558,660,000円
従業員数 300人~1,000人未満
本社所在地 〒107-0052

港区赤坂3-21-20

赤坂ロングビーチビル

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-040429
特色・得意分野など 東証一部上場、18年の実績。”納得感のある転職成功の実現” にこだわります。

<type転職エージェントのサービスの特徴>
■1、成長企業を中心とした求人案件の「数と情報量」の両立
常時2万件以上の求人案件を保有。求人票ではお伝えしきれない企業の募集背景や事業戦略など 1件1件の求人情報の内容の濃さ・情報量に定評があります。

■2、業界専任のキャリアアドバイザー、充実のサポート体制
領域別に専任チームの体制を設け、転職者1人1人へ向き合う時間を大切にし、 職務経歴書のアレンジや面接対策も徹底的にフォロー。選考通過率の高さも評価を頂いています。

■3、機械的ではない、オーダーメイド型のキャリアアドバイス
システマチックなサポートとは一線を画し、求人案件をご紹介するだけでなく、
転職希望者の5年後、10年後のキャリアを見据えたキャリアカウンセリングを心掛けています。

当社の人材紹介は求職者の方の能力・スキルや経歴と言ったスペックと企業側の求人情報を
マッチングさせるだけではありません。 企業側が求める人物像や採用動向、社風に至るまで企業様より伺い、情報の濃さを信条としております。 また担当のアドバイザーがキャリアプランニングを始め、ご推薦、選考のアドバイスに至るまで 1人ひとりに合わせた転職サポートを提供。フレッシュで詳しい情報をお伝えしており、 求職者の方は企業の採用の意図まで深く理解していただけるため、書類選考の通過率が高く、 その後の面接対策もきめ細やかにサポートいたします。

当社は、採用課題を抱える企業様にとっても、真っ先に声をかけていただく 「ファーストエージェント」をコンセプトに、常に信頼される存在でありたいと考えています。 人材がバリューを発揮するにふさわしい環境への挑戦を後押しするのが、 私たちの使命です。

ページトップへ