こちらの求人は2019/06/28に掲載が終了しています。

【建築・土木業界経験者歓迎/損害保険を通じて社会へ貢献】 損害保険鑑定のプロフェッショナル【損害保険登録鑑定人】 未経験から始め、一生涯の仕事が手に入れられる

株式会社三和鑑定事務所

火災・台風・地震で、住宅・工場・ビル等の建築物が被災。建築工事現場での賠償事故など、損害保険で取り扱う被害の多くは、建築・土木に関わります / あなたの建築・土木業界での経験が、必ず生かせます。

◆「損害保険登録鑑定人」とは◆
工場・商業施設・家屋など様々な物件で発生する火災、爆発、落雷、漏水といった事故。
地震、台風、洪水などの自然災害発生時に、被害に応じた適正な損害額の鑑定を行います。
被害を受けた人に復興の明かりを灯す、全国に1000名(2019年4月現在)の専門職、損害鑑定のプロフェッショナルです。

当社は1942年(昭和17年)に創業した、損害鑑定のプロフェッショナル集団です。
国内外で発生した様々な大規模事故を取り扱った経験を有し、国内では屈指の技術力を誇っています。東京に進出してから20年が経過、当社へかかる期待も大きく、依頼も日々増加・拡大しています。

近年は製品リコール、企業間の賠償事故、日系企業の海外拠点で発生した事故など、保険商品の拡大に伴い、我々の業務範囲も益々拡大しています。そこで今回、体制強化のため新しい仲間を募集することとなりました。

◆『鑑定人って難しそう…』と思われたあなたへ◆
当社では、全員が全くの未経験からスタートし、約3ヶ月の研修期間を経て、全員が「3級鑑定人」資格試験合格という実績があります。3級合格後は、実務研修として先輩社員に同行しながら、経験を積んでいただき、半年経過後、徐々に独り立ちしてゆきます。

鑑定業務は、専門性の高い仕事であるため、すぐに活躍していただける仕事ではありません。焦らず、じっくり成長していただきたいと思います。実務経験を重ねながら2級、1級鑑定人試験をパスし、最終的には業界内外から信頼されるプロフェッショナルな鑑定人を目指してもらいます。業務知識を広げるため、多くのスタッフが、英語をマスターしたり、建築積算士などの専門資格にチャレンジしています。

将来もずっと必要とされる専門性を武器に、プロフェッショナル鑑定人として、長期的なキャリアを築きませんか?

仕事内容

【業務範囲】
①損害鑑定業務
火災・爆発・落雷・水漏れ等による建物・機械・製品の損害。建物・プラント等の建設工事中の事故。製品リコール・企業間賠償・海外クレームなど特殊な事案。日常で発生する様々な事故の損害額を鑑定します。

②評価鑑定業務
工場・プラント・ホテル・百貨店・寺社仏閣などの、大規模・特殊物件に、適正な保険金額を設定するため、評価鑑定をおこないます。

③大規模自然災害業務
地震・台風・洪水などの大規模自然災害が発生した場合には、現地へ鑑定人を派遣し、調査をおこないます。阪神大震災・東日本大震災・熊本地震の際には、長期間にわたり、現地で活躍しました。また2011年にタイで発生した水災では、多くの日系企業が被災、当社でも多くの鑑定人がタイへ出張しました。

【仕事のやりがい】
当社の社員の多くは、保険と関連の無い業界からの転職者です。仕事では、大変なことも有りますが、経験と知識、そして信頼を積み重ねていく中で、必ずやりがいと楽しみが待っています。未経験から、一生をかけてプロフェッショナルになる。そんなやりがいとご活躍いただけるステージが当社にはあります。

【仕事の流れ】
①保険加入者である個人・企業にて、火災・爆発・落雷・漏水といった事故が発生。

②事故報告を受けた損害保険会社が、「鑑定人」を起用すべき事案と判断した場合、鑑定事務所へ連絡が入ります。

③保険加入者とアポイントを取り、訪問日時を決め、被害を受けた家屋・企業を訪問します。

④現地調査・関係者からのヒアリングを通じて、事故状況・原因・損害状況を確認し、今後の方針を関係者へ説明します。

⑤翌日までに、現場で確認した状況をまとめた報告書「速報」を提出します。

⑥損害額算定に必要な資料が揃い次第、損害額を算定し、保険会社に算定案である「原案」を提出します。

⑦支払保険金の確定に向けて保険会社をサポート(関係者への算定内容の説明等)。

⑧最終的に事案が解決すると、報告書(鑑定書)を作成・提出し、事案完了。

【入社後の流れ】
①研修・学習カリキュラムに沿って、「3級損害保険登録鑑定人」の資格取得のための勉強に専念していただきます(2020年1月末に試験実施、2月中旬合格発表)。

②受験後は、社内研修および先輩鑑定人と同行しながら、徐々に仕事を覚えていきます。

③仕事の流れを一通り覚え、半年以上経過した後に、徐々に独り立ちしてゆきます。最初は、簡単な事案から取り組んでいきます。

【仕事のやりがい】
新聞記事に載るような大きな事故、地震・豪雨などの大規模自然災害、事故・災害時に損害保険を通じて災害復興に貢献することになります。事故後、すぐに現地へ駆け付け、お客様に親身になって応対し、そして最終的にお客様に喜んでもらえた時、この仕事をやっていて本当によかったと思います。また自分自身のペースで仕事を進めることができるのみ魅力の一つです。企業で起きた大きな事故は、企業のお客様と一緒に事案解決に向けて取り組むことになり、1年以上完了までかかるような事案もあります。無事、円満解決した際には、ほっとすると同時に、大きな達成感を感じます。知識・経験を積み重ねることで、より高度なサービスが提供できるようになるため、年々自分自身の成長も感じることができます。

応募条件

▼求める条件
大卒以上(文系・理系は問いません)。建築・土木業界経験者を歓迎します。
▼求める人物像
一流の鑑定プロフェッショナルになるには、鑑定人資格とともに、知識・経験が必要となります。長年かけて、経験を積みながら、損害鑑定に関わる様々な専門知識の習得をしていただきます。そのため素直な姿勢で、向上心をもち、誠実に仕事に取り組める人が、相応しい人物像として挙げられます。

また当社では、専門研修・ビジネス研修(ビジネススクールと提携)・英語教育(語学学校と提携)・社内定例研修など、教育制度にも力を入れており、一生涯かけて学び続けることを求めます。

◎色々な立場の人とコミュニケーションを取れる方(関係者と信頼関係を構築することが、まず仕事の第一歩となります)
◎向上心をもって、素直に、誠実に仕事に向き合える方(プロフェッショナルとして活躍するためには、この姿勢が大切になります)
◎主体的に新しい知識を吸収し、自己研鑽し続けられる方(日々新しいことに遭遇するため、自己研鑽し続けることが必要になります)
◎スピード感をもって仕事できる方(被害に見舞われた人・企業のために、迅速なお支払ができるよう努力する必要があります)

募集要項

待遇・福利厚生

・昇給年1回
・賞与年2回
・退職金・財形貯蓄制度
・社員旅行(会社負担)
・家族手当(子供/1人目2万円、2人目5000円)
・住宅手当(借家の場合3万円)
・現場日当(1件1200円/1800円)
・夜間立会日当(1件2500円)等
◆◇◆
鑑定人資格 2級・1級の単位取得時・昇級時に6~14万円の報奨金あり。
その他、公的資格取得時に1~30万円の報奨金制度もあり。

就業時間

09:00 ~ 17:00

募集職種
募集背景

東京本部のニーズ増大に伴う新規職員の採用

採用予定人数

3-5人

給与

年収300~500万円

固定制月給21万円以上(別途諸手当あり)
※最低保証金額です。年齢など考慮の上、大切な問題ですので、相談の上決定いたします。
※鑑定人試験合格までの勉強期間中も同額支給いたします。

年収例
平均年収700万円(平均年齢40歳)
休日休暇

年間休日120日、土・日・祝はシフト制(平日に振休あり)

勤務地

東京本部 東京都 千代田区一ツ橋2丁目5-5 岩波書店一ツ橋ビル14F
【アクセス】
・地下鉄「神保町駅」徒歩2分
・地下鉄「竹橋駅」徒歩8分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 書類選考】
【STEP 3 面接】

企業概要

私たちは災害や事故発生時に、迅速・公正に損害の調査・鑑定をおこなう損害保険鑑定のプロフェッショナルです。

当社は、国内における主要損害鑑定事務所の1つです。特に国内外での様々な大規模事故を取り扱った経験・知識が豊富であり、業界内で高い評価をいただいています。東京・大阪の主要マーケットで、更なる飛躍を目指すとともに、グローバル化にも対応するべく取り組んでいます。
ほとんどの人が全くの未経験からスタートし、様々な事案を経験し、また豊富な知識をもった先輩達に教わりながら、着実に成長し、一流の鑑定人を目指しています。

会社名 株式会社三和鑑定事務所
設立 1975年 4月
代表者 代表取締役 藤原 昌明
業種
  • その他
  • 損害保険
  • その他
資本金 10,000,000円
売上高 3億円~10億円未満
従業員数 30人~100人未満
特徴
  • 中途入社者50%以上
  • 平均勤続年数10年以上
事業内容

損害保険分野における財物の損害鑑定。保険の対象となる財物の評価鑑定。その他損害保険に関するアドバイス・サポート全般。

本社所在地 〒541-0045
大阪府 大阪市中央区道修町4丁目7番7号 新横堀ビル4F
その他事業所

(東京本部)
〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋二丁目5-5岩波書店一ツ橋ビル14F

沿革
1942年 三和鑑定事務所創業
1975年 株式会社三和鑑定事務所設立
1992年 神戸支社開設
1995年 対物事業部開設
1997年 東京支社開設
1999年 対物事業部を株式会社トラストクレームサービスに分社
2016年 東京支社を東京本部へ組織変更
2018年 東京本部を新事務所へ移転(神保町)

株式会社三和鑑定事務所が募集しているその他の求人

社員インタビュー

29歳

前職は、空調設備の技術者。全く未知の世界でしたが、丁寧な研修のおかげで無事1回で「3級鑑定人試験」に合格できました。入社6ヶ月後には、1人で現場を任されましたが、分からないことは社に持ち帰って、先輩・上司に相談できるので、不安はありません。
1つとして同じ現場がなく、毎日が刺激的なもの魅力。好奇心旺盛な私にはピッタリの仕事です。老舗企業にふさわしく、温かい先輩たちばかりなので、安心して飛び込んできて下さい!

26歳

ビル管理の会社に勤めていましたが、早出・残業が当たり前で、労働時間と対価が合わない環境のため、前職を辞めました。今の仕事は、自分自身で事案解決することができるため、メリハリをつけて働くことができます。また努力に応じて評価される制度のため、やりがいを感じています。
先輩・上司は、営業・銀行・証券会社・サービス業など出身業界も様々で、個性豊かなところが面白いと感じます。
コツコツと事案をこなして経験を積み、難しい事案に対応するための知識を身につけることがモチベーションです。

27歳

食品工場の生産現場で働いていましたが、日々同じ作業の繰り返しで単調なこともあり、将来の自分自身の成長に疑問を感じていました。今の仕事は、色々な現場へ行くことで刺激を受けることができ、また知識と経験を積み重ねることで、確実にキャリアアップできます。また先輩や上司にサポートしてもらいながら成長ができる環境です。みんな勉強熱心なので、話を聞いているだけでも勉強になります!

キャリトレはレコメンド機能であなたにぴったりの求人を提案する転職サイトです。

ページトップへ