MR、プログラマー(PG)・コーダーの求人・転職情報

MR(Medical Representative:医薬情報担当者)は、病院など医療現場を訪問し、医師や薬剤師などに医薬の成分や使用方法、効能などを説明する職業で、患者さんを陰で支える、薬の情報提供を行う専門家です。副作用や許可前の新薬情報などを医師に伝えると同時に、医療現場からのフィードバックを開発現場に伝える役割も担います。一般的に、医薬品メーカーに勤める「営業職」と認識されていますが、実際の取引や販売交渉は代理店が行い、業務範囲はあくまでも、“売り上げにつなげる”情報提供にとどまります。医療に関する専門的な知識が必要になるため、MRになるには、公益財団法人MR認定センター主導で実施される「MR認定試験」の合格が必須となります。一般的には、医薬品メーカーに入社したのち、数カ月から半年間の研修でしっかりと講義を受け、「医薬品情報」「疾病と治療」「医薬概論」という3科目の試験をパスするべく勉強していきます。もちろん、MRになってからも、疾病や治療法、商品に関して学び続ける必要があります。さらに、医師や薬剤師との信頼関係を構築する高いコミュニケーション力、情報を整理して伝えるプレゼンテーション能力も求められるでしょう。

条件で絞り込む

4件の検索結果

職種から探す

営業(4)

IT・WEB・エンジニア(4)

マーケティング(4)

経営・企画・管理(1)

コンサルタント(3)

金融・不動産(1)

クリエイティブ(3)

業種から探す

IT・インターネット・ゲーム・通信(4)

コンサルティング・専門サービス(3)

商社・流通・小売・サービス(4)

広告・マスコミ・エンターテインメント(1)

勤務地から探す

関東

こだわり条件から探す

学歴

歓迎属性

休暇

待遇

雇用形態

年収

1~4件を表示
  1. 1

ページトップへ