プログラマー(PG)・コーダー、生産管理・品質管理の求人・転職情報

プログラマー(PG)・コーダーは、システムエンジニア(SE)が作成したシステムの設計書に従い、コンピューター上で動作するプログラムを書く(コーディングする)職業です。仕様書や設計書に基づいて実際に動作するシステムを作り、バグがないか検証していきます。エンジニアと呼ばれる職業は多岐にわたりますが、その中でもプログラマー(PG)・コーダーは未経験からスタートしやすい登竜門的なポジション。最近では文系出身者も数多く活躍しています。プログラムを書き、修正し、システムを作りあげるという、ものづくりの一連の工程を経験できますが、開発言語やフレームワーク、開発環境などに関する知識が必要なため、最初は少し苦労するかもしれません。また、ほぼ全てのシステムは複数人が協力して作るため、黙々とPCに向かって仕事をするだけでなく、周囲のメンバーと連携をとりながら仕事を進めていくことが大切。「誰が見ても分かりやすいプログラムが書けるか」という論理性も求められます。そして日々進化と変化が起こっている職種なので、新しい知識や手法をキャッチする姿勢や、「ものづくりが楽しい」という感性を持っている人に向いています。

1~1件を表示
  1. 1

ページトップへ