通信インフラエンジニア(キャリア・ISP)、重電・産業機械の求人・転職情報

通信ネットワークや大量のデータを蓄積・保管しておくITインフラの導入や設計、構築、運用、監視といった、インフラ領域全般に携わるエンジニアをインフラエンジニア(サーバエンジニア・ネットワークエンジニア)と呼びます。サーバエンジニアは、システム運用に不可欠なサーバやサーバソフトウェア、及び関連機器を手がけます。サーバにも複数種類があり、OSやセキュリティに関する知識が必要です。一方、ネットワークエンジニアはスイッチやルータ、ハブといったネットワーク機器の設計や構築、保守管理が中心です。企業やプロジェクトによってはサーバエンジニアとネットワークエンジニアを厳密に分けず、総括して「インフラエンジニア」と呼称する場合もあります。クラウドサービスが登場したことで、大量のデータを外部のクラウドサービスに移管し、サーバエンジニアが煩わしいサーバ管理から解放されるなど、業務内容に大きな変化が生じています。完全にサーバエンジニアが不要になることはないものの、これからは、ミドルウェアやアプリケーション開発の知識も必要になってくるでしょう。ネットワークエンジニアも通信量の増大に耐えうるネットワーク設計スキルが必要となり、やはり新しい知識の習得は不可欠です。

1~2件を表示
  1. 1

ページトップへ