貿易事務、 千葉県の求人・転職情報

企業の輸出、輸入に関する事務を行うのが、貿易事務の仕事。商社、百貨店、メーカー、物流、銀行など、商品や原材料の輸出入が発生する企業に勤務します。輸出業務では、輸出通関手配、受発注の契約書類の作成、輸送便の手配などを担当。輸入業務では輸入通関手配のほか、関税や消費税の納付、倉庫手配、商品の納入管理を行います。海外のメーカーや船会社などとのやりとりが発生するため、書類を作成し、メールや電話応対できる程度の英語力は必須。ただ、専門用語が多く、書面上のやりとりも多いため、日常会話が流暢でなくても仕事は進められます。輸出入のスケジュールが狂うと、その後の商品流通に多大な影響が出るため、確実に船を手配し、滞りなく通関を進める事前確認は欠かせません。扱う商品や原材料の内容によっては、国内に入れるために特別な申請業務が必要なものや、輸出先の国の法律によって、手配に通常とは異なる手続きが必要な場合もあるので、輸出入の基本知識、各国の法律的な知識、外国為替に関する知識などが求められます。貿易事務になるために必要な資格はありませんが、国家資格の「通関士」や民間資格の「貿易実務検定(R)」など、勉強しておいて損をすることはないでしょう。

1~1件を表示
  1. 1

ページトップへ